涙袋形成は美容外科クリニックで

Top 涙袋形成・おすすめクリニック

このサイトは、涙袋形成が出来る医療機関の中で特におすすめな美容外科(クリニック)を紹介しているサイトです。

ヒアルロン酸注入が一般的ですが、各美容外科ごとに微妙に違い(料金や種類)はあるので比較しながら見る場合は、左のメニューからお選び下さい。

湘南美容外科クリニックHPの画像

今の当サイトおすすめクリニック!

湘南美容外科クリニック

-涙袋(ホルモンタンクまたは涙堂など)について-

今、比較的人気がある美容に涙袋形成というものがあります。数年前から一部では流行っていたようですが、ここにきてかなりの勢いで人気が出てきています。

理由として、テレビに出てきたりする有名人や、雑誌のモデルさんなどで綺麗な方は、「だいたい目の下のエリアがプクッとふくらんでいることが多い」ということも考えられます。

自分自身が好きな有名人がそういった目元だと真似したり参考にしたくなりますし、実際に日本では、目の下の膨らみ、つまりは涙袋があるほうが可愛いと思う人が多いようです。

そのため、自力でやる涙袋メイクというものも流行っていますし、より完成度の高い涙袋形成も以前と比較すると人気があります。

美意識の高い女性はもちろんのことですが、最近は男の人もふくらみが欲しいという方もいるくらいです。

目の下エリアのふくらみは、生まれつき元々ある人もいるのですが、やはりあまりふくらみがない方も普通はいます。私もあまりありません。

まずはメイクで試してみる

やはり、いくら完成度が高いとは言え、美容外科クリニックでヒアルロン酸注入で目の下のふくらみを作る場合は費用がかかってしまいます。また、持続期間などもあるので、ふくらみを維持しつづけるためには定期的に費用がかかることになりかねません。

ですので、最初は涙袋専用的なメイクで工夫して作ってみるのがおススメです。大変手軽というメリットがあります。

色んな商品が最近は登場していますし、比較的安いものが多いです。すっぴんになるとなくなってしまうのですが、「メイクで作ることができ、そのあいだはぷっくり魅せれればOK」という意見も多いです。

やはり高い完成度を求めたい場合はクリニックへ

メイクは手軽に出来ると言いましたが、実は美容外科クリニックでの涙袋形成も比較的手軽です。

もちろん、クリニックへ行かなければなりませんし、ヒアルロン酸などを注入をする必要がありますが、手間としてはそれくらいで、施術時間としては数分~10分程度で注入は可能です。

ダウンタイムもほぼありませんので、その後通う必要性もないのです。

※注入方法によっては内出血がおこる可能性も多少あります。

その場合は1週間程度で治ると言われています。

美容外科クリニックを選ぶときのポイント

日本の多くの場合医療クリニックは、とてもしっかりしています。ですので知名度が高いクリニックを選べばより安心感があります。

・知名度がある
・メール対応、カウンセリングが丁寧かつ詳しい
・内出血が起きた場合の対応

まずはこのあたりを基本にチェックしましょう。

続いて、より質の高い施術を重視して選ぶとすれば、先程も書きましたが、内出血がおこる場合があるという点があるということを考慮し、マイクロカニューレという針を使用出来るクリニックはおススメです。

このマイクロカニューレは、ほぼ内出血しない針と言われていて、上で書いた心配点がなくなります。

一般的なヒアルロン酸注入でもひどい内出血はそこまで多くありませんし、起きてしまってもメイクで隠せる程度のものらしく、1週間もあれば治ってしまいます。

ただ、やはり可能性としては多少はあるわけなので最初からマイクロカニューレで内出血なく作ると、より安心と言えると思います。

もう少し具体的な情報は、「美容外科クリニックを選ぶポイント!」のページに簡単にまとめております。

クリニック選びの注意点

上で書きましたが、有名なクリニックにおいては、日本の場合、基本的にしっかりしております。

その他、クリニック選びの注意点として、少し前の状況では、医療クリニックのHPなどに掲載されている症例写真(部位の加工修正など)や、言葉使い(絶対など)、内容の虚偽等で、トラブルもありました。

そういったことからか、厚生労働省では「医療機関のホームページの内容の適切なあり方に関する指針」といったガイドラインを通達しています。

参照http://www.mhlw.go.jp/(厚生労働省)

そのため、そのガイドラインに自主的に従うおよびHPを修正をしているクリニックは、個人的には信頼出来ると思います。

クリニック一覧 その他
今の当サイトおすすめ!